スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daughter's story16

連続の更新となります。
どうしても記録として残したくて。。。

昨年の初夏に命を繋ぐ大きな手術をおこなった愛しの娘。
これまで手術は地元の病院でおこなってきましたが、この時ばかりは手術方法、リスク、将来性を考慮してセカンドオピニオン。
地元での手術方法および将来性について私達夫婦の考え方に違いと違和感がありました。

熟慮に熟慮を重ねた結果、遠くの県で世界一と言われる名医を選び手術を行いました。
手術は驚くほど速く無事に成功。しかしながら術後かなり苦戦を強いられ、娘も初めて心が折れてしまいました。
約一カ月に及ぶ激闘の末、無事に安定し退院する事になったのです。

しかし、そこからが本当の戦いでした。

退院後、いつもの地元病院で報告と受診をおこなうと、セカンドオピニオンで他の病院で手術したから「この病院では診ない」
今後もその病院で診てもらってください(笑)との事。
いやいや、そんな遠い病院に通院は無理だろ? いやいや急病の時はどうするの?

医者曰く、我々は手術をおこなっていないので、分からないから面倒診れないとの事
いやいや、その為に手術結果か診療内容を持参しているのですが?
もう、愛しの妻は絶句、私は一緒に行けなく事後報告を受け激高。

しかし退任したとは言え、生まれたばかりの時に救ってくれた先生が居た病院、義を重んじて引き下がる事にしました。
地元で受診してもらえる病院が見つかるまで遠くの病院への通院をする日々を送り、やっと昨年末に地元病院を退任し違う病院へ異動した先生と偶然繋がり、面倒を診てもらえる事になったのでした。

セカンドオピニオンにこんな落とし穴があるとは夢にも思いませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

セカンドオピニオン問題ありですね

私も30年ほど前になりますが、息子の病気でD&Mさんに似た経験があります。

その時は、セカンドオピニオンが受診を断った医師とは、大学の先輩・後輩の関係らしく、
話し合っていただき受診できるようになりました。

もう二人ともお亡くなりになりましたが、自分の面子のために患者を困らせてしまっては、
先生と敬われる資格なしですね。

いかし、兎にも角にも元の先生に診てもらえることになり、良かったですね。

Re: セカンドオピニオン問題ありですね

やはり、どこでも似た話はあるのですね。
責任が持てない。メンツを保ちたい。が大きな理由ですね。
では、セカンドオピニオンを検討相談の時に言わないとダメかと思います。
他の病院で手術するなら、うちでは面倒診ないと。
AMFAH
ACCESS
ONLINE
現在の閲覧者数:
CALENDAR
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。